NPO法人森遊会

人と自然のコーディネーター 

野焼きあとの平尾台

令和元年10月19日、雨上がりの平尾台を歩いてきました。

野焼きのあとが雨に濡れ、灰のにおいが漂っていました。ススキの穂は重たくこうべをたれ、銀色に輝くにはもう少しかかりそうでした。

以上、いまはアサギマダラがひらひらと飛んでいますの「いのさん」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA