NPO法人森遊会

人と自然のコーディネーター 

浮いたはなびら

高蔵山森林公園を久しぶりに歩きました。水道局の管理地が工事中でした。5月末まで工事中のようです。

うぐいすが歌の練習中の山側林道を歩いていると、散ったサクラの花びらがひとつ、浮いているように見えました。近づいてみると、ピンク色のスミレでした。もっとムラサキっぽい色のスミレは多いのですが、桜色のスミレは初めてかもしれません。山に行くと、そこにあったはずの木や花がなくなっていてがっかりすることも多くなってきました。そんな時に新しい出会いはうれしいはずなのになぜか切なくなってきました。出会いよりも別れが圧倒的に多くなる、年を重ねたせいでしょうか?

以上、カメラのピントを合わせられない、もうすぐ前期高齢者の「いのさん」でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA