NPO法人森遊会

人と自然のコーディネーター 

ヒガンバナ 一輪

9月中旬、朽網の海岸で季節外れのネムノキを見かけた。うれしい気持ちとちょっぴりの不安、隣のサルスベリは花期が長いため、疑問は起きないのだけれど。それから1週間、高蔵山森林公園に行った。

車を止めた目の前に一輪のヒガンバナが咲いていた。車道の縁にあざやなか「あか」、ヒガンバナはやはり赤だと思う。

明日も草刈りだけど、つい草の種類が気になって切らないでおこうと思い、刈残しのような場所ができてしまう。私には、きれいな?草刈りはできないようだ。この時期のヒガンバナ、キンミズヒキ、ゲンノショウコはできるだけ残すように刈る。できるだけきれいに咲いてほしいと願う。

以上、きれいな花のため、きれいに草刈りできない「いのさん」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA