NPO法人森遊会

人と自然のコーディネーター 

市販ベンチの設置は困りもの

久しぶりに高蔵山森林公園へ行きました。ところが、私たちが設置したベンチの横に市販のベンチが置かれていました。森林公園内は、不用品の放置やごみの投げ捨ては禁止されています。たとえ善意の行為でも勝手にベンチなどを置くことも禁止されています。私たち(NPO法人森遊会)は、北九州市の許可を得て、間伐した樹木でベンチを数カ所設置させていただきました。今までも許可なく、植樹や灌木の伐採などがされています。小さくても希少な樹木が伐られたりしています。公園を利用しやすくしようとの思いは同じかもしれいませんが、生態系を無視した伐採や植樹は、既存の生物のためになりません。公園の利用者のためを思うなら、そこにいる生物にも一層の思い入れを持っていただきたいと思います。

以上、ベンチを壊す人や持っていく人もいるのは大問題だ!の「いのさん」でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA